環境と商品にやさしい梱包資材を展開するRanpak社の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
環境と商品にやさしい梱包資材を展開するRanpak社の魅力

ネットショッピングや通販の増加、サプライチェーンの拡大を背景に、物流量が増え、商品を安全に梱包・配送できるかは大きな課題となっています。

課題解決のために、箱の中での隙間を埋めるために緩衝材を使用したり、商品を衝撃などから守るための梱包設計がされたりと、様々な工夫がなされています。

また、商品を守ると同時に、環境に配慮しているかも重要な課題です。昨今はプラスチック系の梱包材・緩衝材の使用をやめ、紙製の梱包材・緩衝材が選ばれる機会が増えています。

弊社はこの度、Ranpak社と販売代理店契約を締結いたしました。 Ranpak社は環境問題にいち早く関心を持ち行動した、紙梱包資材メーカーです。 今回は物流資材に求められる課題からRanpak社の紹介、Ranpak社と物流施設開発大手の日本GLP社、弊社の3者が共同で開催したセミナーについてご紹介していきます。

Ranpak社とは

Ranpak社は、世界初の環境問題に責任を持ち、お客様の製品を保護する梱包資材を提供することを目標に、1972年に設立された、持続可能な梱包とエンド・オブ・ライン自動化のソリューションを提供するトップメーカーです。

梱包資材は再生可能、またはリサイクルされた素材紙で製造されており、高い商品保護能力を提供するとともに、地球の保護、次世代の環境の保護も両立しています。
約50年にわたる経験の中で、400以上の特許を取得しています。脱プラ・紙化が求められている昨今、先導して持続可能な未来を作っています。

Ranpak社が提供するのはどんな商品?

  ・緩衝材
      壊れやすい製品を衝撃や振動から保護します。
      装置で紙にひだを作り、層の間に空気を閉じ込めることで緩衝材となります。


 ・すきま埋め
   製品を箱の中に入れた際に、空いた隙間を埋めます。
   装置が、隙間を埋めるために最適な加工を施した紙を排出し、製品の移動を制限します。


・包装
 壊れやすい製品を安全に包装します。
 装置が切れ込み入りの紙をハニカム構造に展開し、製品を保護します。

  
・自動化
箱の高さを調整することで箱内の隙間を可能な限り削減する自動梱包機、段ボールを成形する製函機などを設計・製造・販売します。
最適な梱包のために、製品に合わせた箱の生成、および梱包、一連の作業システムを設計いたします。

梱包材・緩衝材の環境対応脱プラという提案

なぜRanpak社は紙での提案をしているのでしょうか? それはわたしたちが暮らす地球での、深刻なプラスチック問題があるからです。

生活に欠かすことのできないプラスチックですが、その多くは自然環境で自力に分解されることはありません。 正しい廃棄と分別を経て、再利用や処分が行われるのです。しかし、リサイクル率は高くなく、多くは埋め立てか焼却、または自然環境に放置されているのです。

プラスチックは耐久性があり便利です。しかし正しく処分しなければ、分解されることなく河川を通り海まで流れ出てしまいます。 流出し微細化したプラスチックは、マイクロプラスチックと呼ばれ、日々海に流れ出ています。対策をしなければ、2050年には海の中は魚よりプラスチックが多くなると言われています。

このプラスチックが引き起こす深刻な状況を、消費者も憂慮しています。 2020年7月より開始された、プラスチック製買物袋の有料化を受けて行われた意識調査では、マイバッグを持っている人は93.7%、プラスチックごみ問題への関心が高まりマイバッグを進んで使うようになったと回答した人は75.1%に達しています。

※環境省 令和2年11月レジ袋使用状況に関するWEB調査

このように、レジ袋をきっかけに、プラスチックごみ問題に関心を持つ人が増えました。 では、生産者や企業側は対応しなくてよいのでしょうか?

今回のセミナー

2022年7月、物流施設開発大手の日本GLP社のご協力を頂き、Ranpak社と弊社は共同で、梱包をテーマにお客様の課題解決をお手伝いさせていただくためのセミナーを開催いたしました。

梱包時に発生するコスト・作業時間・手間の改善はもちろん、環境問題にいち早く取り組んだ強みを生かしたソリューションを、実際に製品を使って実演を行いました。

日本GLP社とは

今回、場を設けていただいた日本GLP株式会社をご紹介いたします。 日本における物流施設業界首位であり、施設だけでなく、ソリューション・オートメーション支援、街開発など物流を基盤に様々な課題を解決していく不動産デベロッパーです。

倉庫の貸し出しだけでなく、入居する物流事業者の作業効率化はもちろん、施設内外で働く人によりよい環境を提供することを掲げた、大規模多機能型物流施設「ALFALINK」を開発しています。

オープンな環境で最先端のワンストップ物流システムを提供することで、物流施設館は単なる倉庫ではなく新たな事業や雇用を創造する場と進化します。

セミナー内容

Ranpak社の紙梱包・緩衝材での環境貢献と、日本GLP社の物流施設・システムにおける事業改善、環境貢献は製品をお届けするまでという点において、2社の目指す未来は同じです。

事業の自動化・従業員の快適性などを追及した、先進的な物流施設である日本GLP社のGLPALFALINK相模原にて、物流企業や電子部品メーカー等11社をお招きし、セミナーを行いました。


FillPak🄬は、自動ですきま埋めのための緩衝材が排出される機械です。 緩衝材は配送時に製品を破損から保護するだけでなく、到着時にはリサイクルに出したり、あるいは簡単に捨てることができます。 また、必要な量をオンデマンドで生成したり、決まった長さで生成し続ける機能があり、高い作業速度を実現することができます。


Geami🄬は製品を包装することで、損傷や衝撃から守ります。 外部の衝撃だけでなく、複数の製品を梱包した場合、内部の損傷も防止できます。 こちらも作業性に優れるとともに、荷物が届いた際の開梱も容易になります。

当日の様子

アンケート結果

足を運んでいただいた入居企業様に、今回アンケートのご協力をご依頼いたしました。 実際に紙緩衝材システムを使っていただくことで、機械のスピードから作業の効率化、有用性を感じて頂けました。

また、入居企業様がお持ちの課題を伺うことで、倉庫に求めること、梱包作業に求めることが整理され、よりよいソリューションをご提案することに繋がりました。

まとめ

いち早く紙化を行い、紙緩衝材という価値を創造したRanpak社・物流を取り巻く環境に、新たな価値を創造する日本GLP社。どちらも地球環境に配慮した事業を行っています。

SDGsの高まりも相まって、事業を効率化させること、地球環境を守っていくこと、働く人のパフォーマンスを上げていることはどれも切り離せない重要な課題だということが浸透しています。

今回ご紹介したRanpak社は、ことに紙梱包・緩衝材においてこれらの課題を解決していく企業です。

紙は箱内の空間・商品の大きさに合わせて自在に形を変えることが可能なため、作業する方の力が少なくてすむ利点があります。また、リサイクルでき、廃棄する場合でも有害な物質が少ないことが特徴です。

SHIFT ONでは様々な可能性を持つ紙資材を使って、事業効率化、コスト削減、そして持続可能な社会を目指し、よりよいソリューションをご提供いたします。

詳しくは下記フォームまでお問い合わせください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIFT ONについて、
もっと詳しく知りたい方へ

SHIFT ONのソリューションに
関するお問い合わせや、
資料のダウンロードはこちらで承ります。

お問い合わせ

ソリューションに関する
ご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

問い合わせる

お役立ち資料

事業の最適化に役立つ
ホワイトペーパーが、
無料でダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

持続可能な社会や事業に向けた行動変容に対して意識を「シフト」させるための取り組みを提案します。

SHIFT ONについて

紙製品に関する意外と知らない用語が詰まってます!
ぜひお役立ち用語集、ご活用ください。

用語集